キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者と主任技術者 : 湯沢英太郎の監理技術者最新情報

監理技術者と主任技術者

湯沢英太郎の監理技術者最新情報

監理技術者と主任技術者について

監理技術者と主任技術者

監理技術者とは建設業法で定められていて工事によっては必ず配置をしなければいけない重要な職業だと言えます。

さてそれでは監理技術者とは実際にその現場にいる必要があるのか、他の現場との兼任は可能であるのか、どのような工事の場合に監理技術者が必要なのかと言うことを解説していきたいと思います。

まずは建設業の工事をする際には、下請けや元請けに関係なく施工技術上の管理者として主任技術者と呼ばれる人を配置する必要があります。

この主任技術者になるためには資格が必要で誰でもなれるという訳ではありません。

その資格に関しては建設業法で定められています。

大学卒3年以上の実務経験、高専卒3年以上の実務、または10年以上の実務経験、あるいは国土交通省が認定した資格保持者などです。

国土交通省認定した資格というのは技術士、1級、2級施行管理技士、1級2級建築士などが当てはまります。

関連動画紹介

おすすめリンク

湯沢英太郎の監理技術者最新情報 Copyright (C) www.kaleidoscopekreative.com. All Rights Reserved.